私が騙された「残業6時間」「残業少なめ」の病院求人

納得のデータ、残業で悩む看護師の割合

 

毎日2.3時間当たり前のサービス残業…
心身疲れ果て、もう少し余裕のある日々が送りたいと
転職したのに、転職後の病院も同じだった…
となれば、こんなに残念なことはありません。

 

しかし、そんなことも医療業界では珍しくありません。
実際私もその一人、経験からお伝えしたいことをまとめました。

 

 

日本看護協会が平成26年に公表した
最終業実態調査(21年から24年就業者対象)では

 

入職時の希望と、入職後のギャップがあった項目で
希望より悪かったと回答した割合が高いのが

  • 「時間外労働」26.0%
  • 「福利厚生の充実」23.8%
  • 「年次有給休暇の取得」21.7%

残業時間が1番となっています。
看護師の残業時間、永遠のテーマですね。

 

 

私個人としては、
当然残業をしないといけない時もあると思います。

 

それは誰しもが覚悟しており、無責任にすべてを投げ出して
帰ろうとは思っていないですよね。

 

ただし限度があります。

 

緊急事態でもなく、サービス残業が当たり前のように
日常化している状況で
「終わっても帰れない」「定時はありえない」
そんな雰囲気で、行われる残業には納得がいかないものです。

 

ちなみに際限なくサービス残業をさせるような病院は
看護師の定着率が悪く、常に求人が出ている状況です。

 

そのような病院に限って求人に「残業6時間」などと巧妙な
表記をしている場合があります。

 

 

求人の残業表記が上手な、残業の多い病院

 

 

私が働いていた病院の中で、残業が1番ひどかった病院は
平気で日々の3時間の残業が切り捨てられ

 

たまに上の気持ち次第で「今日は残業つけてよい」「今日は駄目」と
あいまいな判断基準でつく、スズメの涙程度の残業代でした。

 

毎日当たり前のように、本来帰る時間過ぎてからの申し送りでしたし
申し送りした後だというのに、平気で「あそこの患者さんが…」と仕事を
振ってくるようなところでした。

 

忙しいと休憩もできず、
始終イライラ、プリプリしていました。

 

当然人間関係も悪かったですよ、みんなストレス抱えてますから
意味なく当たられることも、当たり前で
当然少しでも仕事が遅い、ミスをするような看護師は
徹底的にやられていましたね。

 

いつみても給料明細は変わらないし
どんどん疲れと不満が蓄積して、続くわけもなく当然辞めましたが
もちろん出てます求人。

 

しかも「残業6時間程度」と、一桁足りない全く事実と違う記載です。

 

それを見て私は、求人の残業時間の記載はあてにならないものと
腹をくくりましたね。

 

今までの転職活動を通して感じたのは
「残業なし」「残業ほぼなし」と言い切っているところのほうが
事実に近い病院でした。

 

求人では「残業ほぼなし」の表記だった
残業代がしっかりつく今の病院では、とにかくいつも早く帰るように
言われて、帰れない者は無能という雰囲気です。

 

残っている人が多いと、だんだん上が不機嫌になってくるので、皆で密かに
フォローしあってバタバタしながら帰ります。

 

「委員会・勉強会」はすべて時間内ですし、ちゃんとしている病院は
どこまでもちゃんとしているものです。

 

 

 

真の残業時間を見極める方法

 

求人の「残業少なめ」「残業○時間程度」このような表記では信用できません。

  • 「残業少なめ」とは、どのくらいのことを言っているのか?
  • 「残業○時間程度」とは、最低残業時間のことをいっているのか?

全く持って、不明確な表示です。

 

私が必要だと思うのは次の2点に関する詳細の確認です。

 

確認@ 残業時間の詳細を把握する

 

  • 最低残業時間
  • 最高残業時間
  • 平均残業時間

「残業○時間」という表記が、必ずしも
平均残業時間を示しているとは限らないのです。

 

確認A 残業手当の詳細を確認する

 

結局は、サービス残業だから不満が募るのです。
しっかりと残業代がつくのであれば、それを良しとする人も多いでしょう。

 

  • 「その都度残業代は計算されて加算」していくものなのか
  • 「時間関係なく月幾ら」と決まっているものなのか
  • 「残業手当は形だけで、もらえないことが多いのか」

曖昧にせず確認しましょう。

 

とはいえ入職前に聞き辛いと思う項目でもあります。
私もそう思って、曖昧にした結果痛い目にあいました。

 

ただし残業時間は、入職後一番ギャップの多い項目です
後悔しないように、なにがなんでも確認したいものです。

 

一役買ってくれるのが転職サイトのコンサルタント

 

 

私が現在の病院に勤めるときに利用した
「看護のお仕事」のコンサルタントに

 

求人の「残業時間ほぼなし」について、ある時はどのくらいなのかを
確認したいと言ったところ、病院に確認してくれて

 

「状況次第で30分から1時間してもらう場合もあるが
一番している看護師で月6時間程度、平均2.3時間程度で
残業手当はしっかりつけています」という回答をもらえて
安心して入職できましたし、相違はない状態です。

 

どのような記載であっても、確認することでギャップを
なくすことに近づけます。