転職で失敗した原因

転職後のギャップを抱える看護師たち

 

看護師転職で失敗した原因としては色々と考えられますが、
やはり情報がないということが、一番の原因としてあげられるでしょう。

 

看護師の求人は探せばたくさんあるので、転職先には困りません。
そのため、安易な転職によって失敗してしまうケースがたくさんあります。

 

 

 

私もいままでに些細なことを入れると
キリがほどに色々な相違を経験しています。

 

 

休憩もしっかり取れますよと言われていたのに、
食事の時間が1時間あった事がないというものから

 

オペに入る事はないかと確認して「無いです」とのことだったのに、
実際入職後に「オペには必ず入ってもらいます」と180度変わっていたり
「残業そうそう無いです」と言われ、毎日2時間当たり前だったりと

 

あの時約束したことは、あの時言ったことはなんだったの?と反発した事もありますが
転職を重ねるうちに、大体そんなものよねと諦め部分が大きくなっていきました。

 

 

確認不足・情報不足での失敗は、気をつけていないと
簡単に生じてしまうものなのです。

 

看護協会の調査のなかで(平成26年公示/再就職実態調査21〜24年)
入職後の不満がありますか?という質問に関して

 

実に 69.5%の看護師がYesと答えています

 

ギャップを感じた項目上位3つは下記の通りです。

  • 1位 時間外労働の時間数
  • 2位 年次休暇の取得
  • 3位 福利厚生の充実

 

これらの項目について、それぞれみんな面接や見学時、雇用契約時に
確認したり、説明を受けているはずです。

 

それなのになぜ、ギャップが生じるのでしょうか?

 

 

ギャップが生じる原因

確認が曖昧

 

残業について例をあげてみると
「残業は殆どないですよ」と言われても

 

「殆ど」がどのような基準なのか?

  • 「ほぼ無い」
  • 「毎日30分しかない」
  • 「週に一回3時間」

色々な解釈が出来ます。              

 

約束事を書類にはっきり明記していない

 

これは言った言わない、という話になった時に
どこまで主張出来るかになってきます。

 

話が違うとなった時に、書式にしていれば
病院側も無理な押し付けはできないということになります。

 

このように、事前に職場の情報が得られないままでの転職はリスクがあります。

 

看護師転職を成功させたいのであれば、
看護師のための転職支援サービスを上手に使うことです。

 

 

転職サイトを上手に使う

失敗回避 @優先順位の整理

 

転職サイトを活用するにあたっては
まず希望をハッキリさせるところから始まります。

 

自分で探していると、看護師は求人がたくさんあるために
転職のときに、職場に求める条件について
「整理して考える」というステップを省いてしまうことも多いです。

 

 

しかし、自分が職場に何を求めているのか
優先順位をつけて検討することは大切です。

 

仕事をするうえで給料は大切ですが、それが全てではありません。

 

体の事を考え、日勤帯で働きたいと考えていたのに、給料は良いし、
夜勤の回数は少ないからという事で目移りしてしまった結果後悔することもあります。

 

ブレてしまわないよう、これだけはという希望を整理して
優先順位を決めておくことです

 

転職サイトの担当者は、とにかくあなたの希望を
聞かないことには、あなたに合う転職先を探せないので

 

あなたの希望を確認する過程で、あなたの考えもまとまって
的が絞れ、ブレないクリアな希望になっていきます。      

 

 

失敗回避 A内部情報を得る

 

本当に希望通りに働けるのか、現状確認と条件の再確認を

 

自分の希望に合う良さそうな職場を見つけたら、職場の詳しい情報を事前に教えて貰いましょう。
看護師の転職では、事前に現状の職場の人間関係や環境などを知ることが大切です。

 

転職サイトには、病院の内部情報があります。
今までに転職した看護師からの情報と、コンサルタントが病院側を
定期訪問する中で仕入れている情報です。

 

本当に条件と相違のない働き方ができるのかを、教えてもらいましょう。

 

そして、確認や交渉をコンサルタントが代行してくれますので
苦労しなくても職場の詳しい情報を手に入れたり、希望に関しての再確認をしたり
必要に応じて書式にする事も中に立ってもらえます。

 

 

失敗回避 B余裕をもって早めに活動開始

 

余裕をもって転職活動をするためには、在職中から仕事探しを始めるとよいです。

 

転職サイトのサポートを受けながらであれば、
仕事を続けながらでも無理なく転職活動をすることができます。

 

今の仕事を辞めてから次を探すとなると、どうしても気持ちが焦ってしまいます。
焦っていると、希望の優先順位がぶれたり、確認不足になったりします。

 

期間に余裕をもたせ、在職中から仕事探しを始めることで

質のよい転職活動をすることができるのです。

 

仕事中のあなたに代わって探すのはコンサルタントです。
希望の転職先を探してくれるだけではありません。   

 

 

コンサルタントに頼るといいこと

 

コンサルタントに期待できるサポートとしては、

 

  • キャリア相談
  • 履歴書の書き方指導
  • 面接指導
  • 職場の詳しい情報の提供
  • 面接日の調整
  • 入職日の調整
  • 給与や待遇の交渉

 

などの、様々なことがあげられます。

 

 

将来について悩んでいたり
家庭や子育てとの両立について悩んでいるのであれば、
事前にそのことについて相談してみるとよいです。
一人で考えていても分からないことはたくさんあります。

 

コンサルタントは現在出ている求人状況だけでなく
看護師の働き方についても詳しく知っています。

 

どのような働き方を選べば子育てしやすいのか、
どのような職場を選べばキャリアアップしやすいのかなど、
自分の悩みについてアドバイスを貰うことができます。     

 

 

中には就職後のサポートもしっかりしているところもありますので、
就職後が不安という方は、そのような転職サイトを選んで利用するのがお勧めです。

 

ありがちな転職失敗の要素を
転職サイトをうまく活用することで回避して、転職を成功させましょう。

 

 

 就職後のサポートまであったのは