土日祝日休みの病院へ転職したい看護師が知っておくべきこと

あなたは、土日休みを経験したことがありますか?

 

私も病院内の異動で、外科に一時いた際土日休みでした。
その時の体の調子、肌の調子が良いことには驚きでした。

 

土日休みは、決まった連休が週末に必ずあることで
週中にどんなに激務であっても、気持ちも身体もリセットできます。

 

土日休み何をしていますか?私の周り看護師年代別アンケート

27歳・看護師

 

一日は、自分磨きの日、美容室やエステに行って、リフレッシュして
その日の夜から次の日に、彼氏と会うのが定番。


34歳・看護師

 

一日は、一週間できなかった、家のことをいろいろする日
残り一日は家族との時間で、お出かけ。


52歳・看護師

 

一日は、友達との日、夜に食事に行ったり映画に行ったり
残り一日はマッサージにいったり温泉、ゆっくりしたりとにかく休息。


 

土日休みを一度味わうと、そうでない働き方との体の調子や
生活と仕事のバランス、心身のバランス、心の余裕の違いに
つくづく土日休みの素晴らしさを実感します。

 

ある意味、あなたが初めて土日休みの病院へ
転職を希望しているというのであれば
そこからなかなか元の働き方に戻るのは難しいということも
考えておくと良いでしょう。

 

 

休みの形態と最低年間休日数の違い

 

転職先が土日休みとなると、最低の年間休日はどのようになるのでしょうか?

 

一般的に、求人に記載される休みの種類はいくつかあります。

 

うるう年・年末年始・お盆休みを除く、最低年間休日は
休みの形態で、このように変わります。

 

休みの種類と、最低年間休日日数

最低年間休日日数 

休み形態

78日

隔週週休二日,4週6休

104日

完全週休二日(曜日不定),4週8休

118日

完全週休二日(土日祝日),4週8休(祝祭日)

プラス 施設ごとの年末年始、夏季休暇日数

 

このように、基本的な年間休日も大きく違いますが
年末年始、夏季休暇、有休消化で10日前後プラスになるかどうか
というところです。

 

週休二日と完全週休二日(土日祝日休み)では
年間休日だけで26日と、その差は大きく変わるので
しっかり把握して検討するべきです。

 

休みが多いと言われる病院は
年間休日が、一般的に120日を超えるの病院で
完全週休二日(土日祝日)もその中に入ります。

 

 

 

私は、休日が120日を超える病院から、98日の病院へ移った事があります。
4週6休+祝日分+正月とお盆の振替6日でした。

 

転職する時は、お正月とお盆の振り替えもあり
月2日の出勤の違いだし、給料も少し上がるから総合的に良いかなと
思ってしまいました。

 

が、休日120日越えの世界を知ってしまっている分
体は慣れても気持ち的不満が消えることはなかったですね。

 

転職中は、何処か浮ついたような気持ちで
考えを安易に変えてしまったり、他の情報で自分の気持ちを
誤魔化したりしまいがちです。

 

あの時、給料が上がれば休みが削られてよかったのか
私にとって何が優先順位だったのかが今思えば、曖昧でした。

 

譲れない条件は整理して、揺らがないことが大切です。
転職するときに、年間休日が減る方は特に気を付けてください。

 

 

土日祝日休み希望、どのような所で働ける?

 

最低でも完全週休二日(祝日)、もしくは4週8休(祝日)、
出来たら完全週休二日(土日祝日)つまり年間休日120日超え
と思っていることでしょう。

 

完全週休二日(祝日)、4週8休(祝日)を
取り入れている病院は、大病院の比率が多くなります。

 

では完全週休二日(土日祝日)となるとどうでしょうか。
やはり一気に対象となる働き方先は少なくなります。

 

土日祝日休みに近づける働き方

  • クリニック
  • 病院の外来のみ
  • 透析
  • オペ室
  • 有料老人ホーム
  • 行政保健師
  • 産業保健師
  • 保育園や幼稚園
  • 病児後保育
  • 治験コーディネーター

 

近づけるという言い方をしたのは、病院関係の看護師は
月一回だけは、土曜日出勤であったりすることも多いようです。
施設により違いがありますので、充分に確認してください。

 

転職サイトの二つの特色が
土日祝日休みの求人を見つけるのに適しています

 

人気の求人は「非公開求人」扱いにしている

 

大病院の求人割合が多い

 

非公開求人は、転職サイトによっては保有していないところもありますので
確認が必要です。

 

非公開求人を扱っている転職サイトで
まずは土日休みの求人にはどのような施設・病院があるのか
条件や待遇を確認しませんか?

 

 非公開求人を保有している転職サイトを確認