中途採用で病院に馴染めるのか

騙されてはいけない、病院イメージアップの写真や言葉

 

既に出来ている人間関係の中に入っていき、新たに仕事仲間として働く。

 

中途採用者が採用前に抱える不安の1つです。
特に職場の人間関係が嫌になって転職を考えている場合には、
とても重要なポイントになってくると思います。

 

人間関係がリセットされる機会なのに、リセットした先で
前よりもいい関係が築けないなら転職に使った労力の分だけ
なんだったのだろうと、虚しくなるばかりです。

 

人間関係がいい職場につきたい。
誰だって当然のように考えていることです。
しかし、表に出ている情報だけでは、
実際に人間関係が良好かどうなのかはわかりません。

 

 

 

私が、人間関係が酷くて辞めた病院は、
離職率も高くて、いつも人手不足状態でした。

 

そこの病院が出していた求人に

  • いつも笑顔の絶えない職場です。
  • 人間関係良好。
  • 暖かい環境の病院です。

と書いてあるのをみて、愕然とするのを通り越して
笑ってしまいました。

 

 

本当の状況は

  • この病院ではいじめがあり辞めた人がいて、その穴埋めの人員を探しています。
  • この病院の人間関係はギスギスしていて、仕事に必要なこと以外一切話しません。
  • お局さんが2人いて、その2つの派閥が対立しています。

このような状態でしたが、正直に書かれているはずもなく
私も騙された一員でした。

 

募集情報にはプラスイメージのことしか書かれていないどころか
ウソもあるのねと確信しました。

 

それからというもの、良いイメージに直結するような
上手い写真使いの求人や、どんなに良い言葉が添えてあっても
信じていません。

 

 

では、紹介に書いてある内容が一切信用できないとしたら、
その病院の人間関係に関する情報は
どのように見ればいいのでしょうか。

 

 

情報に踊らされず、自分で見抜く

 

一番の情報収集方法は実際に病院を見に行くということです。
勤務希望ということで見学を申込み、
病院の実際の様子を見に行きましょう。

 

そこでは、案内してくれる人がいると思います。
ですが、病院の見学で人間関係が見たい場合は、
案内担当者以外の働いている人をよく観察してみてください。

 

あくまでも、案内人以外です。
あなたの案内を行っている人が、あなたにとってよく接してくれるのは、
それこそ募集に書いてある人間関係に関する文章と同じです。

 

見学に行っているあなたはお客様なのですから、
丁寧に対応してもらえるのは当然です。

 

だからこそ、お客さんの対応をしているのではなく、
日常の業務を行っている人を観察するのです。
看護師どうしの雰囲気や、医師と看護師の雰囲気など、
見るべきところはたくさんあります。

 

職員の観察

  • 看護師達の表情。
  • お互いに話している口調。
  • あなたに対して、挨拶をする雰囲気や目線。
  • 患者に対しての接し方。

 

施設の観察

  • トイレやリネン室が整然と管理されているか?
  • 休憩室が心地よく保たれているか?
  • 廊下にゴミが落ちていないか?
  • ナースステーションは整理整頓されているか?
  • 壁のポスターに期限切れや、剥がれ掛けた状態はないか?
  • ホワイトボードの内容や、勤務表。

 

患者観察

  • 患者自身が綺麗に保たれているか?
  • 患者の身の回りはどうか?

 

施設の状況が行き届いていない病院に
人間関係も含め、良い病院はありません。

 

そこで観察した人間関係や施設の状況が、
あなたにとって好ましくないと判断できるなら、
その病院に転職するのは辞めておいたほうが無難です。

 

 

 

私が病院見学行ったときには、じっと私をみている2人の女性がいました。

 

 

その時は睨まれているのか、じっと見られているだけなのか判断できず
なんとなく気になったものの
採用通知を貰ったので、その事を意識せず入職。

 

その人達に、結局苦しみましたね。
あの時の違和感は、無視するべきものではありませんでした。

 

 

 

現在、看護師の就職は売り手市場です。
その病院にどうしても勤めなければならないという理由があるのでなければ、
違和感を感じたなら、他の病院を探したほうがいいでしょう。

 

もちろん、日常業務をこなしている人を観察する前に、
そもそも案内を担当している人と合わないと感じたら、
その病院の人間関係があなたに合わないと考えていいと思います。

 

人間関係が良好かどうかを見抜くことはとても難しく、
それなのに転職の際に重視する内容の中で、
かなり大きなウェイトを占めているものだと思います。

 

だからこそ、しっかりと観察し、そこが自分に合っているのか、
この病院で自分が気持ちよく働くことができるのか。
それを確かめて転職先を選ぶことは重要なのです。

 

 

 

職場選びに絶対はありません。
ですが、見学に行った場合、見学に行かなかった場合よりは確実に、
自分に合わない病院を弾くことができます。

 

馴染めるか馴染めないのか。
そんな悩みを抱えて考え込んでいるその時間に、
見学に行くという行動を起こして
馴染めないところを選んでしまうというリスクを減らしてみませんか。

 

行動に起こして自分の目で病院を見て回れば、
きっとここならという場所が見つかるはずです。
ぜひ、実際に希望する病院への見学を行ってみてください。

 

 

病院見学をじっくり行う方法

 

転職サイトでは、担当者が病院見学に同行してくれる会社があります。
この制度、実は観察するのに一役買います。

 

病院の案内係と自分がマンツーマンだと、集中力が削がれ
色々と観察するのに、注意が散漫になります。

 

案内係があなたを見てますし、常に話しかけてきたりするからです。

 

転職サイトの担当者を挟むと、病院側と転職サイトの案内係が話を
していたりするので、自分側に余裕が生まれ観察しやすくなります。

 

また病院によっては、転職サイトの担当者と2人で病院内を
自由に見学してくださいという場合もあります。

 

病院見学は、転職サイトによって、同行対応をしていないところも
ありますので注意してください。

 

 

 看護のお仕事は2013年「サービス満足度1」