転職前にまずチェック! 3つのポイント

転職すると決めた時に、求人探しから始める事の危険

 

「転職する」と決めると、ついつい求人情報の収集に時間を費やしてしまいがちです。
その前に「なぜ自分は転職したいのか」自分自身への問いかけをしてますか?

 

 

 

私も大いにありましたが
求人情報を見始めると、条件ばかりに目が行きます。

 

 

例えば「キャリアアップ」と思っていても、結局は
働き方や、給与を見ているんですね。

 

働き方や給与を見て、プラスでキャリアアップできればな
程度になってしまっている事がよくありましたし

 

そもそも働きたいと思っている科目までもが
条件を見て曖昧になってきたりと

 

糸の切れた風船のように、自分の着地点が見えなくなる
そうこうしているうちに、求人探しに疲れてくる
そのような状況によくなったものです。

 

そういう時というのは、しっかりと考えをまとめていない時です。

 

 

あなたは、今の職場に対する問題点を上げるだけでなく
転職したらどうしたいのかを考えいますか?

 

 

求人を見る前に、自分をに問う3つのこと

 

転職を決めたら、求人を探し出す前に
整理していただきたいことがあります。

 

なぜ転職するのか、(ブランクのある方ならなぜ復職するのか)

 

転職(復職)後の職場ではどんな働き方をしたいのか

 

これから長いスパンで見てどうしたい(どうなりたい)のか

 

例えば

なぜ

  • 「消化器内科で働き、緩和ケアに興味が沸いて転職希望」

どのように

  • 「患者に寄り添った看護で名高い緩和ケアで三年働いて」

これから

  • 「ゆくゆくは緩和ケア認定看護師になる」

結論

  • 「その支援制度を積極的に行っている病院」

 

この過程を疎かにしてしまうと
コンサルタントとの面談や、求人先との面接や見学などで

 

誰かと会ったり話をするうちに、自分がどんなことが得意で
何をしたいかが混乱して考えにブレが生じる事があります。  

 

 

転職サイト活用の失敗談で

  • 「希望の勤務先ではなかった」
  • 「強引に進められた」

 

と嘆げいている看護師もいます。

 

そのような場合の原因の一つには
自分の中での結論を出さずに、転職活動を始めている
ということが大いにあります。

 

しっかりとした考えを持たないことで
転職コンサルタントや、求人先の人事担当者の意見に流されて
就職した結果なのです。

 

「このように考え、こうしたいと思っている。
そのためにこのような病院を探している」
自分の考えがしっかりまとまっていれば
コンサルタントは、あなたの考えに沿って探すまでです。

 

自分の考えが
しっかり定まっている人に対してのサポートの仕方と
考えを持っていない人へのサポート仕方は違って当然です。

 

 

あなた主導?コンサルタント主導?
それはあなたの考えの整理がついているかで決まります。

 

まずは、あなたの今後の希望や計画と

 

@なぜ転職するのか

A転職後の職場ではどんな働き方をしたいのか
Bこれから長いスパンで見て、どうしたいのか

 

今回の転職の目的とをすり合わせ
優先順位をはっきりさせて、ブレない転職活動にしてください。   

 

 

転職前にじっくり考えをまとめるとこんないいことがあるかも?

 

転職前に自分自身の考えをまとめることが
ちょっと面倒だなと思われるかもしれません。

 

しかし、これができれば自己PR、職務経歴書作成や面接試験への
対応もスムーズにできていきます。

 

急がばまわれ、のつもりでぜひ時間をとってください。

 

この作業をきちんと終えておくと、転職活動を開始して
たくさんの求人情報と接するうちにメリットが出てくるはずです。

 

  • 自分にどの求人が合っているかの判断がつきやすくなる
  • 職務経歴書や面接での自己PRをまとめやすくなる
  • 面接や病院見学の際によい質問が出来るようになる

 

 

 私主導で進めてくれた転職サイトは「看護のお仕事」でした