求人情報の見方C人員配置

2交代制なのか3交代制なのか

 

勤務時間に関連するのが、人員配置です。

 

看護師にとって転職先の人員配置がどのくらいなのかは
忙しさを図るうえでの目安になります。

 

転職先に夜勤がある場合は、頻度がどれくらいなのか
また2交代制なのか、3交代制なのか
しっかり確認しておきましょう

 

 

一般的に2交代制は8時間(日勤:8時半〜16時半)と
16時間(夜勤:16時半〜8時半)という例が多いです。

 

しかし病院によっては、日勤(8時半〜20時半)も
夜勤(20時〜8時半)も12時間という
体制のところもあります。

 

この場合、日勤の勤務時間が長くなる代わりに

夜勤の勤務時間が短縮されるため
休息をとりやすいとおっしゃる方が多いですね。

 

2交代制の勤務時間が何時から何時なのかは非常に
大切なチェックポイントといえるでしょう。             

 

 

3交代制は日勤、準夜勤、深夜勤の
3つの勤務帯に分かれます。

 

3交代制の場合、1日に2回働く日ができてしまう職場が多く
疲労が蓄積してしまうとおっしゃる方が多いです。

 

またそれぞれの勤務時間帯に、重複時間がないと
申し送りのために勤務時間が
実際より長くなってしまうので注意が必要です。

 

 

私が思う3交代

 

3交代の勤務時間というのは、あっという間に終わる感じがしてよかったですね。
8時間勤務でしたが 消化器で緊張感のある現場だったので
それ以上はむしろ無理、終わったらホッとしてました。

 

仕事時間もあれよあれよと終わりますが
3交代だと、休みもあっと言う間に終わるんですね。

 

特に日勤からの深夜はつらい。

 

日勤が終わってから、家に帰って食事してお風呂に入って
2.3時間仮眠して戻る、もう行ったり来たりが
多くて目まぐるしい日々でしたね。

 

本当に遠い人は帰らず仮眠室でしたけど
むしろ私も泊まって行きたいと思ってました。

 

忙しい病院での、3交代はかなりハードでした。

 

 

私が思う2交代

 

 

2交代は、夜勤勤務時間が16時間以上ということで
なかなか長いのは確かです。

 

ただ疲労困憊でも、回復できる時間はしっかり取れるので
リセットできます。

 

まとめて働き、まとめて休む感じですね。

 

希望休が入れやすい病院だったので、連休も取れて
上手く組むと、お得感がありました。

 

ただ、まれに急患や急変があったりして、仮眠が取れずに
16時間通しとなると、後半ボーとしたり
フワフワしたりと、正直とても集中力があるような状態ではなかったです。

 

あと夜勤のメンバーにもより、働きの悪いメンバーの
しわ寄せが来ると、16時間という長時間勤務が
想像以上に辛いときもありますが

 

総合すると、2.3時間の仮眠休憩がしっかり取れるなら
二交代が良いと思っています。

 

 

パターン別おすすめ

  • 連休が取れやすいのは→2交代
  • 勤務変更が受け入れてもらいやすいのは→2交代
  • 緊張感のある長時間勤務が嫌なら→3交代
  • 忙しい病院なら→3交代
  • しっかり休憩ができるなら→2交代
  • 勤務する病院が遠い人は→2交代
  • 子供がいて預け先に夜中に迎えに行かなくて良いのは→2交代
  • 子供と長い時間離れたくない→3交代

 

最近は2交代か3交代かを、選べる病院も増えてきているので
自分のライフスタイルに合わせて検討してください

 

 

7対1の人員配置体制の現状

 

入院患者1人に対する看護師の人数に応じ
15対1,13対1,10対1,7対1の4つの区分に分かれています。

 

一般的には患者に対して、看護師の人数が多いほど

  • 看護師の負担が軽くなる
  • 退職率が低くなる
  • 質の高い看護が提供される
  • 患者の死亡率が減る

と言われています。

 

看護師にとっても、患者にとっても、病院にとっても
メリットの大きい7対1床数は
探すのが難しいと言われた時代もありましたが
現在はどんどん増加しています。                    

 

 

厚生労働省から平成26年診療報酬改定によると

 

7対1病床は,診療報酬の制度が創設された
2006年で4万床が
2013年には36万床と、9倍まで膨れ上がり
一般病床の4割近くとなっています。

 

しかし平成26年の、7対1病床の要件見直しで
現状の36万床のうち9万床程度の、約3割程度が
要件を満たせなくなると思われます。

 

つまり7対1病床は、一般病院の4割近くと
増えたが、このたびの制度見直しで対象外となる
所も出てくるという現状です。

 

それでも以前より随分増えた、7対1体制。

 

求人先の人員配置がどの基準に該当するのかは
必ずチェックしていただきたいポイントです。

 

 

 大病院の求人が多かった転職サイトは「看護のお仕事」