求人情報の見方A給与と福利厚生

給与確認は必ず年収と手取り額ベースまで落とし込んで

 

転職されるにあたって、多くの方が一番気になるのが
給与、特に税金や社会保険料を除いた手取り額だと思います。

 

求人票によっては月収という表現が、取られていることもよくあります。

 

「月収35万円〜」という表記の場合は、どう考えらいいのでしょうか?
特別な表記がなければ、額面であり
手取りは税や保険料を差し引かれると考えましょう。

 

また、平均的な夜勤込で計算して組み込まれた表示を
されている場合もあります。

 

「基本給20万円 資格手当5万円 夜勤手当5万円…」といった
基本給や諸手当ての内訳が書いていない場合は
よく確認しないと、思っていた額と全然違うという場合があります。

 

またこの場合、経験年数や年齢が
どの程度の方を対象にしているかを確認する必要があります。

 

他に、賞与はあるのか、あるなら年に何回でいくらなのか
社会保険はどこまで含まれて、実額でいくら程度になるのかも確認が必要です。

 

額面の月収だけでなく、社会保険料と税金を除いた
手取り額がいくらになるかをしっかり把握なさってください。

 

また、賞与がある場合には年収が額面でいくらになって
手取り額がいくらかの把握も大切です。                      

 

 

 

待遇や福利厚生欄にもチェックをお忘れなく。

 

待遇や福利厚生欄では
もしあなたが、関係ない項目だったとしても、チェックすると
良いでしょう。

 

病院の取組みを見ることで、職員が働きやすい環境作りに
積極的な病院なのかを、知ることができます。

 

寮、託児所、駐車場、交通費、昇給・賞与・退職金、
諸手当・各種制度等を確認しましょう。

 

託児所の営業時間や休日と費用、寮の費用、家賃補助の有無、
駐車場代金、交通費支給の範囲等チェック項目が多いです。

 

また忘れがちですが、制服の貸与やクリーニングについて
書かれている場合もあります。

 

医療機関独自の諸手当や各種制度などについても
書かれている場合がありますので、確認しましょう。

 

 

確認や条件交渉は、コンサルタントにお願いする

 

給与や福利厚生、勤務時間や人員配置、休日等、
求人先の状況を正しく把握したり、自分の希望を伝えること

 

私は、とても気が引けるタイプで「あ〜聞きたい」と思っても
当たりさわりない質問しかできない事が多かったです。

 

そんな事ばかり聞いていたら、不採用になるでしょうと
不安もありました。

 

ナース・看護師転職サイトの中で
転職支援を行なっているサイトには、
ほとんどの場合、細かい相談に対応してくれる専任のコンサルタントがいます。

 

あなたの知りたいことや、わからないこと
あるいは希望をもれなく上手に伝えてもらうために
こういったコンサルタントの力を借りることもひとつの手段です。

 

 

 

私がコンサルタントに交渉や確認をしてもらった流れで
一番やりやすかったのは

 

コンサルタントには先に病院に、希望を伝え交渉してもらい
納得のいく回答が得られてから、面接同行してもらい

 

面接で重要条件について再確認をしてもらうという流れです。

 

目の前で、交渉されても肩身の狭い思いをしますから
交渉事は事前に終わらせ、面談では再確認だけとすれば
スムーズにいけますよ。

 

ちなみに、この流れでいきましょうか?と
提案してくれたのは、「看護のお仕事」のコンサルタントさんからでした。

 

こちらの気持ちを汲んでくれて、とても有り難く感じました。