求人情報の見方@基本情報

求人情報・HPでまずは押さえていただきたい基本情報

 

給与

 

福利厚生

 

勤務体系

 

休日

 

教育体制

 

時間外勤務

 

病院の区分

救急指定があるとないとでは忙しさが大きく異なります。

 

病床数 看護師数

1床あたり、100床あたりの看護師の数は平成24年は48.0人
(厚生労働省平成25年9月公表)

 

看護師の受給予測調査で 2025年には
100床あたり54.1という、予測になっています。

 

言うまでもないですが、人数が少ないほど忙しい病院です。

 

また厚生労働省の調べでは、患者対看護師の比率が多いほど
患者の安全性が高いという調査結果もあります。

 

100床あたりの、看護師数が多ければ多いほど
提供できる看護の質も変わってくると考えられます。

 

年間外来患者数

 

年間入院患者数

 

年間病床利用率

総数でみると72.82%(一般病院72.50% 精神科病院79.00%)
高いほど入院の多い病院です。

 

年間平均在院日数

総数でみると16.75 日
自治体病院16.29日
その他公的病院は15.24 日
私的病院は21.15 日
少ないほど、短期での入退院が多い病院です。

 

手術内容 手術実績

 

医師の経歴

 

理念

                          

 

これだけ確認できれば満足という、大きな勘違い

 

これだけ見て、結構情報を確認できた気になっていませんか?

 

皆そうやって、失敗しています。

 

看護協会の再就職実態調査によると
(26年公示/24年から遡って3年の間に再就職した看護師対象)

 

再就業後の悩みや不満のある看護師は69.5%と約7割です。

 

入職後に、ギャップがあったと回答した看護師が多かった
項目はこちらです。

  • 時間外労働 37.2%
  • 年次有給休暇の取得 35.5%
  • 福利厚生の充実 33.1%
  • 教育研修の充実 27.1%

 

 

この上位4項目は、求人票やホームページで確認できる事項であり
それぞれの看護師も見学や面談で
確認したり説明を受け、納得して入職しているはずです。

 

にも関わらず、なぜギャップを感じる看護師が多いのでしょうか?

  • 事実と違う場合がある
  • 表記が曖昧
  • 確認不足
  • 再評価や交渉で変化

 

求人情報・HPで確認するだけの、確認方法では
入職後のギャップを生む原因となりえます。        

 

 

落とし穴に落ちない方法、どうやって?

 

それぞれの表記知識を深める

 

そもそも自分の
意識が間違っていないか確認しましょう。

 

例えば「週休2日」と「完全週休2日」の違いを
理解せずに、転職活動をしていては自分の希望に合う
病院を探せなくて当然です。

 

 

曖昧な標記は徹底確認

 

残業に関して「月6時間程度」「残業ほぼなし」
あなたはどちらを疑いますか?

 

私の経験上、ほぼなしは本当に無しか、あっても短時間です。

 

「月6時間程度」と「残業あるけど短め表示」をしている方が
実際ふたを開けたら、平気で20時間とかありました。

 

つまりあなたの概念は大きく間違っているかもしれません。

 

求人に書いてあっても、

看護師が入職後にギャップを感じることの多い4大項目

 

「時間外労働」「年次有給休暇の取得」
「福利厚生の充実」「教育研修の充実」
については、確認に確認を重ねたくらいが良いでしょう。   

 

 

転職サイトには、病院に精通したコンサルタントがいます。

 

まずコンサルタントに、求人の内容についてこと細かく確認してみましょう。

 

コンサルタントは、過去に就職していった看護師から
入職後のギャップ項目がなかったかを、アフターで確認しています。

 

曖昧な項目があれば、病院に連絡を取ってもらい
確認してもらうことです。

 

基本情報の確認と、事実の確認、それができて初めて
正確な求人情報を把握できたことになります。

 

また、面談の時に大切な項目だけは、今一度自分で
最終確認してみてください。

 

ここまですれば、ギャップを感じる項目をなくすことに近づきます。

 

 

 

私は「看護のお仕事」のコンサルタントにお世話になった時
「全部が本当か病院に確認したい」といったことがありました。

 

そうしたら、面接に同行してくださり
病院側に「一つ一つの条件について、再確認させてもらいます。
まおさんは、○○については○○という条件でよろしいでしょうか?」
と重要項目を、目の前で確認してくれました。

 

それでとても安心して、入職できましたし、相違はなかったです。
第三者を交えての確認も